カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
送料無料
カレーバナー マンゴードリンクバナー 野生黒蜂蜜バナー ギフトセットバナー
チャイバナー タマリンドバナー 紅茶バナー 南部チップスバナー

シタールの歴史

シタールの歴史

千葉県の検見川町に店を構える「印度料理シタール」。
ここでは、その成り立ちについてご紹介していきます。



私が学生アルバイトとして働きながらインド料理を習い始めたのは、1975年のことです。21歳という多感な時期にインド料理と出会い、本場の食文化に触れることができたのは、非常に幸運なことだったと思います。

オーナー 増田泰観 私の記憶が正しければ、当時東京には本場のインド料理店が3軒しかなく、私はそのうちのひとつである「印度料理アジャンタ」という有名店に入店しました。

インド人オーナーのもと、最初はボーイの見習いからスタート。その後、二人の優秀なインド人シェフの手伝いを許されるようになり、インド料理習得の道が開かれたのです。



印度料理シタールオープン

インド人シェフの調理法そのままに学び、アジャンタを無事卒業。1981年3月、検見川町に「手作りインドカレーの店シタール」をオープンし、翌年「印度料理シタール」に改名いたしました。

オープン後は、アジャンタで学んだ調理法を守りながら、必要に応じて日本人の味覚と体質に合わせて材料やスパイスを調整。ここに「シタール」のカレーが誕生したのです。

現在では、多い時で年4回ほどインドへ足を運び、地元の家庭料理から有名シェフの創作インド料理まで自分の舌で味わうようにしています。これらの料理の中で「美味しい」と感じたものは、できる限り日本に持ち帰ってその味を再現。お客様によりいっそう「インド料理のすばらしさ」を感じていただけるよう、日々工夫を凝らしています。

カレーの歴史

カレーライスの歴史



カレーライスの歴史イメージ
カレーライスのレシピがはじめて日本で紹介されたのは、1871年のこと。この年に出版された「西洋料理通(せいようりょうりつう)」という書籍に、当時イギリス商館のインド人シェフの下で働いていた日本人によるカレーレシピが、渡邊暁斎の版画イラスト付きで掲載されたのです。
このときのカレーライスは、本場インドの調理法がイギリス風に改良されたものでした。文明開化の日本において、カレーライスは「西洋料理」として外国航路の客船メニューに採用され、東京、横浜の西洋料理店でも瞬く間に人気メニューとなっていったのです。さらに「簡単に作れる」「栄養価が高い」という利点から、やがて日本軍の献立にも登場するようになりました。
イギリスを経て日本に伝わってきたカレーは、このような歴史の流れの中で次第に日本人の好みに合うものへと変化していったのです。

ページトップへ